コストコの人気商品は、やっぱりオススメ商品でした!

キャンベルのクラムチャウダーといえば、コストコの代表的な商品です。
近所のスーパーでも小さな缶のものが売られているのに、コストコのデカ缶がなんで人気なんだろう?って思ってました。
近所のスーパーのも充分美味しいし。

って思っていたんです、今回の初購入までは。

でも、違いましたね!
チビ缶、ってチビ缶がレギュラーサイズなんですが(笑)、チビ缶の方は、牛乳を加えて温めます。
コストコのデカ缶は、

「READY TO SERVE」

「DO NOT ADD MILK OR WATER」
何も加えないで!そのまま食べられる!
ということなんですね~♪

缶を開けて、

鍋に移して、

温めるだけで、

出来上がり♪
具もたっぷり入っています♪

コストコのフードコートの美味しい美味しいクラムチャウダーも、キャンベルではないかなと思います。
だから味はほとんど同じ。
なんとなくですが、フードコートの方がとろみが少しだけ強い気がしますが。

牛乳を混ぜて作るチビ缶とも味は同じだと思いますが、娘はチビ缶のよりフードコートのより、これが一番美味しいと言いました。
これが、自宅で食べたことによるただの気分の違いなのか、舌が敏感な娘が捉えたわずかな違いなのか、私には断定できませんが、美味しいなら良かった!

具沢山なので、ごちそうスープです[emoji:v-353]
スパークリングワインとの相性もバッチリでした♪

1.41kgというデカさに、3人家族なので恐れをなしていましたが、夕飯と朝食に3人で2回でちょうど無くなりました。
これ、6人分なんですね!
他に多々あるコストコサイズに比べたら、これは全く恐れるサイズではありませんでしたよ!
5人家族ならほぼ1回で食べられるでしょうし、1度目はスープ、2回目はパスタやグラタンやドリアに、という感じでアレンジすることもできますね。

2缶¥1,098を1缶ずつシェアしての初購入でしたが、1缶あたり¥549。
これを家族3人が2回食べたということは、1食あたりは¥90ほどということ⁈

実は購入をためらっていた理由のひとつに、たいそうな贅沢品という印象もあったのです。。
でもコストコフードコートではクラムチャウダー1食¥300。
量は違うかもしれないけど、「一杯のかけそば」ならぬ「一杯のクラムチャウダー」を分け合って食べていたことを思えば、1人分ずつお皿にサーブできて、たくさん食べたい人はお代わりもできる!
シチューを作ったり、レトルトでも他のスープ製品を買うことを思えば、これはたいそうな贅沢とまでは言わなくても大丈夫そうです!

我が家は娘の好物ということもあり、「たいそうな贅沢品」から「プチ贅沢品」という感じで身近な格付けになったので(笑)、次回からシェアじゃなくてもフルで自宅用に買えます♪

おもてなしにもオススメです。

コストコの人気商品である理由もわかりました!
やっぱり人気商品は、間違いがないですね!