コストコのプライベートブランド・カークランドの有機豆乳のご紹介です。

豆乳って豆腐同様に日本の物だとばかり思っていたので、コストコから豆乳?と思ってちょっと調べてみたら、政府が成人病対策に力を入れるアメリカでも実は、豆乳はよく消費されるようになっているんですね~。
それでアメリカのスーパーであるコストコからも、豆乳が製品化されているんだぁ、と納得です。

売り場では冷蔵庫ではなく、常温で12本がセットになりケースに入って売られています。
プレーンとバニラ味があって、飲んでみたいけどどっちにしよう?味がわからないのに12本多いかなぁ、、と思って買えずにいたのですが、、
先日プレーンとバニラ味、2本ずつシェアしてもらえたんです~♪
飲んでみたかったから嬉しい♪シェアって素敵♪

こちらがプレーン。

そしてこちらが、バニラ味。

アメリカンなデザインですね♪豆乳は日本の飲み物、という先入観も吹き飛びます!

私が以前から買っている豆乳“スジャータ有機豆乳”と比べるとこんな感じ。

日本規格の1L牛乳パックとはサイズが違うものの、コストコ豆乳も946mlと持つのにも保存するのにも扱いやすいパッケージ。

幼なじみのおうちで、子供たちも一緒に試飲会をしました~♪
まずプレーンを飲んでみると、、

「生クリームみたーい!」という言葉が4年生の女の子から飛び出しました!
えぇ?本当?と私たちも続いて口にしてみると、、美味しい♪
うんうん、生クリームみたい、というのもわかる、クリーミーでほのかな甘みもあるお味、何より豆乳特有の豆くささが無い
のどごしはサラッとしています。

あれ?これプレーンだよね?って言いながら飲んだんですが、バニラ味かと思っちゃうくらい甘みを感じて美味しかったんです。ビックリ~♪

続いてバニラ味。

うん、確かにほのかにバニラの風味、うんこれはこれで美味しい♪
予想と違ったのが、プレーンよりもバニラ味の方が、豆の味を感じました。

やってみたかったのが豆乳ラテ♪

いつものコーヒーにバニラ豆乳入れたら、バニラ風味のラテになるのかな?

あ!美味しい~♪
私はコーヒーが好きなので、豆乳ラテにした時にコーヒーの味が豆乳に負けちゃうのが嫌なんですけれど、
コストコ豆乳で作ったらコーヒーの香りは失われずに、ほのかなバニラの風味も感じました。
豆乳の豆っぽさが強くないところが、good!

有名コーヒーショップのソイラテより、私はこっちのが好き[emoji:v-238]美味しい♪

この豆乳ってあっためたらどうなんだろ?

電子レンジの牛乳温めボタンであっためて、湯葉みたいな幕ができることもなく、ココアの粉もスムーズに溶けて美味しくいただけました。

それから毎朝飲んでいるアサイスムージー、リンゴジュースをコストコ豆乳プレーンにしてみました。

うわ!これ、美味しい~!
リンゴジュースで作るより甘みは減るものの、相性バッチリ♪
ヘルシー[emoji:v-353]って感じ♪

このコストコ豆乳、クセがなくすごく飲みやすいから、気に入りました♪

これまで買っていた有機豆乳は、以前ご紹介したとおり、ゴクゴク飲むことはなく料理用として使っています。
(スジャータ有機豆乳の紹介記事は、こちら。)

コストコ豆乳はゴクゴク飲めるのがいい!

常温保存可能商品ですから、ケースで買っても大丈夫かも。
とはいえ12本ずつ2種はけっこう多いかな、毎回シェアできたら最高ですね~。
パッケージには、開封後は冷蔵庫に入れて7日以内で使い切るように、と書かれています。

そして私的には、パッケージのこのワードに心つかまれました!

「ヘルシーボディ」[emoji:v-353]
飲んでると身体がスッキリしそうじゃありませんか?!
それに、女性としては女性ホルモンに働きかける大豆イソフラボンが摂れるのもうれしい!

成人病予防にも効果が高いとされる大豆製品だから、男性にも積極的にとって欲しいですね。
子供にも安心なドリンクですよね~。

朝食に♪
お風呂あがりに♪

みなさんは、プレーンとバニラ、どっちが好きでしょう?

私はストレートで飲むのはプレーン、ソイラテにはバニラが好きです♪

普段の食生活にコストコ有機豆乳を取り入れて、ヘルシーボディ[emoji:v-353]を手に入れましょ♪