先日、コストコで冷凍の銀鮭を初購入してみました!
FullSizeRender
一緒に行ったゆみちゃんが、この冷凍銀鮭をたくさんのお客さんが手に取りカートに入れているのを見つけて「みんな買ってる、美味しのかなぁ?」と言ったのがきっかけ。
これまでも買う切身の鮭とどう違うんだろ?

私も気になり、そういう時にはコストコの売り場のスタッフさんに聞くことにしているので、聞いてみました!
「この鮭はおすすめなんですか?どうやって食べるといいですか?」
この日も鮮魚売り場のいつものスタッフさんにお尋ねすると、いつも通りに丁寧に教えてくれました♪

まず、冷凍の銀鮭も冷蔵の切身も、同じ銀鮭だそうです!
商品として売っている形状が違うだけ。
冷凍は半身、冷蔵は切身。
FullSizeRender
まず、産地で塩漬けにするので、定塩甘口ということで味の具合も同じ。
FullSizeRender
そして違うのは、お値段!
冷凍100g¥128、冷蔵100g¥148。
コストコでは1,000gや1,200gなどの量で売られていますから、1パック¥200〜¥240前後安く買えるというわけ。
FullSizeRender
切身の特徴は、大きく分厚い切り身で、たっぷり入っているというところです。
一度で食べきれないから冷凍することも多い商品。

だったら最初から冷凍のものを安く買うのもおすすめ、というわけ!

1パックが¥1,902と¥1,355ですから、お買い物総額を少なく抑えたいときにも冷凍は便利なのです。

コストコスタッフさんに教わった保存方法は、
FullSizeRender
まず表面が少し柔らかくなるところまで少しだけ解かして、
FullSizeRender
好きな大きさにカット。
IMG_1948
私はコストコから帰ってくるのに1時間くらいかかるから、その間にちょうどいい硬さになっていたので、帰って来たら切りました。
そしてこの状態で冷凍します。

使う時には、冷蔵庫で自然解凍、または流水で解凍。
FullSizeRender
きれいで美味しそうな切身♪
焼いて食べてもいいですが、私はふんわり食べたくてまたまた奈緒ちゃんも講師を務めるポリクックしました♪
FullSizeRender
ポリ袋に鮭を入れ少しだけお酒を振り、お水を貼ったボウルの中に身の部分から手で少しおさえて沈めていき、袋をクルクルと絞るようにして空気を抜いて、
FullSizeRender 
隅でしっかりと結び目を作ります。
FullSizeRender
大きい鍋にお湯を沸騰させ、ポリ袋を入れて、結び目部分は外に出し、
FullSizeRender
フタをして火を弱め20分そのまま加熱します。
FullSizeRender
加熱終了後に引き上げる際は、結び目を触ってしまうと火傷の危険があるので、トングなどで引き上げ結び目より下をハサミでカットして開封するのがいいです。
FullSizeRender
ふっくら柔らかく美味しい鮭切身になります♪
FullSizeRender
常備菜をちょこちょこ並べて鮭の和定食の出来上がり♪
FullSizeRender
ほんっとに柔らかいですよ!
FullSizeRender
塩がしっかり効いて、お茶漬けやおにぎりにするのにもぴったりです。

野菜と合わせてバター醤油やポン酢他いろんな味付けでおかずのバリエーションが広がますし、そぼろにしたり、パスタやサラダの具材にしたり。
朝昼晩、お弁当にと、とても便利に使えます。

私はゆみちゃんとシェアしました。
すごくよかったので、これからも冷凍のこちらをリピートしたいと思っています!

いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 その他生活ブログ コストコへ

↓更新通知を受け取れます↓